脱毛サロン 勧誘 断り方

脱毛サロンの勧誘事情と心構え、上手な断り方についてまとめました。
MENU

脱毛サロンの勧誘と断り方

雑誌やネットで脱毛の無料体験の広告を見ると、一度は行ってみたくなりますが、体験だけではなくカウンセリングもあるので勧誘が不安という方も多いでしょう。

 

脱毛サロンの勧誘事情と上手な断り方について

 

基本的に無料体験は顧客獲得のためのキャンペーンですから、勧誘があるのは当然のことですが、もちろん断ることができます。
断るのが苦手だったり、すぐ話に乗ってしまうという方でも、心構えをしっかりしておけば大丈夫です。

 

脱毛サロンの勧誘事情

 

今は厚生労働省の指導によって、何時間も拘束して勧誘を続けたり、強引に契約をさせるという脱毛サロンはありません。
と言っても、脱毛サロンもお仕事ですから当然何とか契約を取ろうとします。
その際によく言われるのが、女性なら脱毛をするのが当たり前、身だしなみとして脱毛しないのは恥ずかしいなど、間接的な脱毛の必要性です。
こういった言葉で脱毛をしなくちゃいけないという心理を煽るのですが、他人に脱毛の必要性を説かれなくても、本当に自分が必要と判断すれば脱毛しますよね。
サロンに通ってお金を払うのは自分ですから、どんなことを言われても主導権は自分にあることを覚えておきましょう。

 

脱毛サロンの勧誘の上手な断り方

 

契約をするにしてもしないにしても、とにかく一度帰ってじっくり考えたいですし、実際にそういった人が多いです。
ただ、サロンからすると家に帰ってしまったら、脱毛したいという意識が低下することが分かっているので、あの手この手で契約してもらおうとします。
2回ほど断っても勧誘が続く場合は、親や旦那さんにその場で契約するなと言われていると伝えましょう。
家族が知っているとなると、しつこく勧誘したり内緒で契約しましょうなんてことも言われません。
一番だめなのは「お金がない」という断り方です。
実際にお金がないとしても、料金は分割で払えますし部位数や回数を減らして減額することも可能ですから、費用に関わる断り方はしない方がいいですね。

 

いざとなったらクーリングオフ

 

どんなに今日は契約しないと心に決めていても、脱毛したいという気持ちがあれば、契約をしてしまうこともあるでしょう。
ですが、いざ帰って冷静に考えてみたら、支払い総額が高いと感じたり、不要な部位まで契約してしまったなと後悔するかもしれません。
そんな時はクーリングオフを利用すれば大丈夫です。
脱毛サロンでは、どのような契約をしたとしてもクーリングオフが適用されるので、違約金なども発生しません。
ですので、勧誘に関してあまり神経質になる必要はなく、契約してもクーリングオフすれば良いという心構えでも大丈夫です。

 

勧誘というと拒否反応が出ますが、カウンセリングはいろいろな情報を得られるところですから、うまく活用して脱毛サロン選びに役立てましょう。

このページの先頭へ